子どもの食事🍽

食事

子供にとって、食事にはたくさんの意味を持ちます🙂

食育基本法では、子どもたちに対する食育は《心身の成長及び人格形成に大きな影響をおよほし、生涯にわたって健全な身体を培い、豊かな人間性をはぐくんでいく基礎となるもの》とされています🙂

まだ、自分自身で食べ物を選択することの出来ない子どもたちのことを理解し、月齢や発達に合った食事を考えてあげたいですね🙂

体と心を作る食事は、子どもたちにとってとても重要な役割を果たしていることを理解しておきましょう⭐️

おっぱいや、ミルクからしか口にしなかった赤ちゃんから

大人と同じように食事をできるまでの過程を

離乳食・幼児食に分け、さらに月齢や発達に合わせた内容をまとめました🙂

覗いて見てくださいね🙂

離乳食

食事への第1歩!

大人も子どももドキドキですね🙂

個人差が大きいので、焦らずに、ゆっくり進めましょう😊

幼児食

自分で食べたい意欲とともに、遊びに気が向いて、なかなか集中してくれないことも…

あせこれ、悩みや心配がでてきたりする時期ですが、

子どもの好きな物を駆使して乗り越えましょう🙂

離乳食の形状

離乳食の形状の変化

離乳食は、最初どろどろとしたポタージュ状にして、ごっくんと飲み込むことからはじまります😊

こして、月齢とともに、だんだんと形を残したり、てづかみ食べできるように仕上げ、

やがて噛んで食べるようになります😋

その、食べ物の形状の変化を見てみましょう👀

おかゆ

にんじん

小松菜

月齢は参考までに、

それぞれ、成長に合わせて進めたり、戻してみたりして調節してあげましょう😊

幼児食のあれこれ

幼児食での豆知識や、基本的な事柄をまとめてみました🙂

子育て真っただ中の方や、これからって方に読んでもらいたいです✨

食事の環境

まず、食事の環境です🌿

食べる環境・椅子・机など、どんな風にしたら子どもたちが食事に集中してくれえるか考えてみましょう😊

咀しゃくのメリット

よく噛んで食べることは、いいこといっぱい🥄

どんないいことがあるのか知ることで、子どもたちにも噛んで食べることの大切さを教えてあげられますね✨

おやつ

子どもたちが大好きなおやつ🕒

こどもにとってのおやつは、第四の食事

こどもにとっての、おやつのあり方を考えてみましょう😋

取り分け

大人と同じものが食べられるようになってきたら、調理段階や加熱後に取り分けると効率がいいです!

また同じものが食べられると、食事の楽しさが増しますね!