フッ素コート

フッ素

子どもができて、初めてフッ素は歯に塗るものだと知りました😳

田舎者なので…笑

そこで、見つけたのがフッ素コート!

もうすぐ3歳のハナが、甘いもの・お菓子・ジュース大好きだし、

保育園のおやつでも、お誕生日会の日にはケーキ(ホットケーキにトッピングしたもの)が出たり、

アイスやらお菓子やら、ばぁばにおねだりして食べてたり…

虫歯要素は充分あるので💦

大切な歯を守ってあげたくて買ってみました😊

使い方

使い方としては、歯磨きの後や寝る前に

歯ブラシにシュッとして、ゴシゴシするだけ✨

すすがなくてもいいので簡単です♡

泡で出てくる!

ポンプ式の本体から、泡で出てきました!

ハナが感激!!

やりたい!やりたい!進んでやってくれました😊✨

味はうっすらとしたキシリトール✨

泡だから全体にすぐ行き渡りました🙂

果たして効果は?

でも目に見えて効果があるわけではないので、

実際のところ、効き目はあるのか?と疑問に思い

かかりつけの小児専門の歯医者さんで聞いてみたら

あるそうです!!

小児科さんや、先生によって考え方が違ったりするかもしれませんが、

うちのかかりつけの歯医者さんでは

「1日1回でもいいので、続けてみてください!」

と言われました😊✨

お家でできることがあるならば、やっておいて損は無いですよね!

歯医者さんも通うの大変だし、子どもにとって、歯医者さんは楽しいところではないですもんね😣

歯磨き後のフッ素コート!続けてみようと思います🙂

夜間授乳について

ただ、夜間授乳をしてそのままだと意味ないので、夜間授乳をしたらガーゼで吹いてあげたりしてあげてください

と、かかりつけの歯医者さんに付け足しでアドバイス貰いました!

歯が生え始めた頃は、まだまだ夜間授乳が必要な時期で、飲みながらやっと寝付いたのに、起こすようなことはしたくないなと思ってしまいますよね…(><)

出来ればて寝ていて欲しい😣💦

でも、授乳したあとに寝てしまうと、もちろん虫歯リスクは高くなるようです😣

オトもまだ、夜中1回は起きて授乳するので、できるだけ、その度キレイにするように頑張ってみようと思います(><)

子どもの食事🍽

食事

子供にとって、食事にはたくさんの意味を持ちます🙂

食育基本法では、子どもたちに対する食育は《心身の成長及び人格形成に大きな影響をおよほし、生涯にわたって健全な身体を培い、豊かな人間性をはぐくんでいく基礎となるもの》とされています🙂

まだ、自分自身で食べ物を選択することの出来ない子どもたちのことを理解し、月齢や発達に合った食事を考えてあげたいですね🙂

体と心を作る食事は、子どもたちにとってとても重要な役割を果たしていることを理解しておきましょう⭐️

おっぱいや、ミルクからしか口にしなかった赤ちゃんから

大人と同じように食事をできるまでの過程を

離乳食・幼児食に分け、さらに月齢や発達に合わせた内容をまとめました🙂

覗いて見てくださいね🙂

離乳食

食事への第1歩!

大人も子どももドキドキですね🙂

個人差が大きいので、焦らずに、ゆっくり進めましょう😊

幼児食

自分で食べたい意欲とともに、遊びに気が向いて、なかなか集中してくれないことも…

あせこれ、悩みや心配がでてきたりする時期ですが、

子どもの好きな物を駆使して乗り越えましょう🙂

離乳食の形状

離乳食の形状の変化

離乳食は、最初どろどろとしたポタージュ状にして、ごっくんと飲み込むことからはじまります😊

こして、月齢とともに、だんだんと形を残したり、てづかみ食べできるように仕上げ、

やがて噛んで食べるようになります😋

その、食べ物の形状の変化を見てみましょう👀

おかゆ

にんじん

小松菜

月齢は参考までに、

それぞれ、成長に合わせて進めたり、戻してみたりして調節してあげましょう😊