新生児の熱で「NICU」出産・産後の思い出

今日は1歳のお誕生日!♡♡

産後は思ってもみなかった出来事がたくさんありました

去年を振り返り、体験談や感じたことを綴らせてください😊

予定日超え

予定日は2月16日でしたが、

13日の検診で子宮口2センチ、赤ちゃんも降りてきてるし、子宮口もペラペラ(←ペラペラってなんだろ?💦)と言われた上に、内心グリグリ

陣痛きたら、すぐに来ないと、赤ちゃん落っことしちゃうからね!痛いと思ったらすぐに来て!(←怖いですよね😨笑)今日の夜か、明日産まれるかなー?と言われ

「まさか♡バレンタインベビーー!?!?」と、そわそわしていました😍😍😍

…………………

が…

あっさりとスルーでした😂💦笑

ハナの時は、早く生まれて欲しい!と強く思ったけれど

2人目が産まれたら独り占めだった愛情が半分になってしまうから、その前に残された濃密な時間を大切にしたくて、穏やかな気持ちで過ごせました🙂❤️

予定日を2日超えて…

予定日の数週間前から前駆陣痛が毎晩のようにあり(夜になると痛くなって)

「産まれるのか!?」と、ずーっと焦らされていた私😂

そわそわさせられるのにも慣れてしまい、痛くても少ししたら遠のいていくんだろう…と焦らなくなっていました💦笑

そのくらい、焦らされたんです!!!笑

しかし、予定日を2日超えた朝、

am5:30「今日は何だかいつもより痛いなぁ…」と目が覚めて、しばらく布団の中にいましたが、痛みもおさまる様子がなく…

試しに間隔を測ってみると、10分を切っていました😂(2人目は陣痛の感覚が10分になったら来るように言われていたんです・・・😳)

でも、なぜか冷静な私😶

この期に及んで、とりあえずハナを保育園に送る準備を始めました!笑(いつもと違うと不安になるかなと思ったので、保育園に送ってから病院へ行けばいいかと思ったんです😂)

出産の間だけは、変わらず保育園で過ごせた方がいいのかな?と🤣

でも結局、病院に電話すると「すぐに来てください!」と言われ、パパにもせかされ、病院へ出発!!笑

寝起きのハナは、ばたばた着替えて上着を着せられて、車の中では「保育園おやすみ?♡どこいくの?♡」とワクワクしていたのに、着いたところが病院でポカーンとしていたのが申し訳なかったです💦

病院についてから

病院に着くと、分娩台で内診😳

既に子宮口は8センチほど開いてました💦💦

これか!先生のいってた「早く来ないと、赤ちゃん落っことす」っていうのは…!!!と思いました!(保育園に送っていたら…保育園で産んでた!?!?)

まだ産まれなそうならば病室(陣痛室)に行くのですが、先生や看護師さんたちもバタバタし始めたので「そろそろなんだな」と感じました😳✨✨

一方、ハナはパパと病室で朝ごはんを食べたりテレビを見たり、駆けつけたばぁばと公園に行ったりと、不安な様子ではあったけど、寄り添っていてくれる人がいたからか落ち着いて過ごせていたようです😌

よかった♡

陣痛で辛くても、ずーっとハナのことも「何してるかな?不安になってないかな?」と気がかりで…何度も「ハナなにしてんの?」とパパに聞きました!

陣痛っていつ来るかわからないから、上の子がいると心配ですよね…

私はぎりぎりまで仕事をして、里帰りせずに出産したので、産まれる前のお腹に「パパいるときにしてね!!ハナちゃん困っちゃうから!」と何度もお願いしましたよ!笑

立ち会い

パパは2人とも、出産に立ち会ってくれました!!

立ち会いたくないという人もいるし、立ち会って欲しくないという人もいるけれど

私の場合は立ち会ってくれてよかったです😊✨

最初は、苦しむ姿を見て欲しくなかったから、1人でもいいかと思ったけれど…

初めての出産の時は痛みとともに心細くなり、いてくれるだけで助かりました!(助産師さんが素敵な方で、穏やかに、パパにも的確に指示を出してくれたんです😊)

パパも、立ち会いたくないという言っていたけれど、実際立ち会ってみたら感動したようで「立ち会えてよかった」と言っていました!実感もわきますよね!

2回目の出産の際は、ばぁばが駆けつけてハナをみていてくれたので、パパが立ち会うことができ

産まれる直前から一緒にいてくれました!

出産の瞬間!

順調にお産が進み、ついにその瞬間が

陣痛は直前まで弱いと言われていましたが、子宮口も最大でペラペラ(←謎のペラペラ!いいことなのかな?)ってことで

看護師さんによって破水させられ、タイミングで力むように伝えらえられました!

「いい感じだから数回ですぐに産まれると思うから頑張ろうね!」

と言われ、看護師さんと息を合わせて数回いきむと、本当にすぐに頭が!!

そのあとは、「もう力みたいと思ったら力んでみて!」と言われ数回力むと

でゅるん!!って無事に産まれました!!←生々しいかな?

陣痛はすっごく痛かったし、「まだ力まないでね!」と言われた時には「無理無理無理無理!!!」って思った

でも、産まれたときにはすっごく安心したし、嬉しかったし感動しましたよ!!

時刻は、am9:00

推定3100グラムと言われていたのに、産まれてみたら3500グラム!おっきかったのです!!看護師さんも先生もみんなで笑ってしまいましたよ!

とても幸せな瞬間でした♡

おでこの上の手が気になる♡笑

産後の一波乱

とても幸せな産後でしたが、一波乱があり

楽しみにしていた赤ちゃんとの入院生活は一変しました。

出産当日(1日目)

am9:00 出産

オトは検査などがありとのことで、看護師さんが預かって行ってくれました

が、私自身が、陣痛が来てから生まれるのが早かったからか、子宮の戻りが悪く

出血止まらず、出血量1950mlの出血(羊水含)

分娩台から動けないまま、

増血剤やら貧血の点滴や注射をして、みんなが待つお部屋の戻れたのがお昼近かったんです。

(私が入院した産婦人科は全個室)

倒れたら困るからベットから動からないようにと告げられ、ずっと寝ていました。

PM3:00に一度帰宅したみんなが面会に

看護師さんがオトを連れてきてくれて、みんなで初対面しました!

初めてオトに合ったときのハナは…なんだか不思議そうな顔をしていました!

なんだか、ハナが大きく見えました!

その夜、異常に体が熱く眠れず、変な汗がたくさん出てきてナースコール!!

普段風邪もひかない丈夫な私が39度近い熱が出ていたんです!

緊急事態です!

熱なんて何年振り!こんなにしんどいし、苦しいんだと思いました!

心細かったです。

看護師さんが氷枕を貸してくれて、気が付いたら寝ていました。

2日目

まだ、動いてはいけないわたし。

オトはナースステーションで過ごしていました。

ハナはばあばが送迎してくれて保育園へ。

一人さみしい朝でした。

朝食の際、点滴追加と耳を疑う報告が・・・

「オトちゃんが昨夜から熱で、白血球の数値が少なくて、ここの病院では点滴などの措置ができないので念のためNICUのあり病院に搬送しようと思うので、これから受け入れ先の病院を探しますので、決まり次第搬送しますので、パパとか誰か搬送先の病院にいけますか?」と

たしか産まれてすぐにも「血糖値が低い」って言って糖分をもらってたし…

一瞬頭が真っ白に!

とりあえずパパに連絡して行ってもらえることになり、しばらくしたら救急車の音がして、看護師さんが「搬送先の病院が決まりましたので搬送しますね」とあわただしく報告だけしに来てくれました。

私はただ救急車の音が遠くなっていくのを聞いていることしかできませんでした。

何もしてあげられないし、心配で心配で…悔しいし、怖いし、一人でいると悪いことばかり考えちゃって。

周りのみんなは、幸せそうに赤ちゃんを抱っこしていて、それの私にはまぶしくみえました。

追い打ちをかけるように、ばあばと面会に来てくれたハナが、我慢していたのか「ママといたい!ママと帰りたい!」と大泣きをしていて…

なんだか、すごく無力感を感じてしまいました。

自分の子どものいない病院で一人で過ごすのは、すごく時間が長かったし、心配で悪いことばかり考えてしまって心細くて…

もう帰りたい!とすごく思ってしまいました。

そんな私を見かねた、優しい看護師さんが先生に相談してくれて

通常、初産は6日、二人目からは5日の入院が決まりでしたが、

自分の子どもがほかの病院にいること、初産ではないこと、体調も回復してきているので念のため検査などした上で、4日目で退院していいと言ってもらいました!

オトは、検査の結果や、抗生剤の点滴をして経過観察となりました!

3日目

動いてもいいとの許可が下り、

午後には入浴(シャワー)の許可が下りました!

さすがに、着替えはしたものの、産後からずっと動けなかったのですごくうれしかったです!

でも、何もすることがないし、考えることはオトのことばかり…

ハナもまた泣いていて…

気が滅入っていました。

と、その時!!「オトちゃん大丈夫みたいだよ!!明日退院できるよ!!」と看護師さんが報告に来てくれました!!どんなに安心したことか

本当にうれしかったです!!

続けて「NICUを退院して、オトちゃんここの病院に戻ってくるから、ママとここでもう一泊すれば?」と勧めてくれて、私もそうしたい!!入院生活こんな思い出だけじゃ嫌だ!と思ったのですが・・・そこもややこしかったんです。

NICU側は、私の事も考慮して、せめて1日でもママと入院生活をして色々指導を受けたほうがいいんじゃないか?という考えがあったようなのですが、

こちらの病院は、ママが退院してもしなくても、いろんな検査が終わってないのでオトを受け入れるという考えだったようで、

どちらにせよ、オトは明日NICUを退院して転院するという風になっていて、

でも、救急車で搬送してくれたから同じように救急車で帰ってくるのかと思いきや…「誰が迎えに行ってつれてきてくれる?」と聞かれ、そこでやっと「だれかがオトをNICUに迎えに行ってこちらの病院に連れてくる」という事だった事に気が付きました

よくよく考えたら、「NICUで元気になったから退院」なので、健康なので救急車が動くことはないですが…入院したことがないから説明してくれないとわからないことだらけでごっちゃごちゃでした

結局、パパが行ってくれることになったのですが、こちらの病院に戻ってきても検査などあって一緒にいられないのなら、私も明日の朝に退院してパパとオトをNICUにお迎えに行って、夜はハナといてあげよう!

という決断をしました!

ややこしいですよね…

4日目

am10:00私の体調の回復し、退院の検査もOK!

退院後も疲れたら休む!貧血の薬も続けて飲む!という条件で、パパが迎えに来てくれて退院。

その足で、NICUへオトをお迎えに行きました!

結局、原因ははっきりわからないままで、「風邪か、ちょっと疲れりゃったかな?でももう大丈夫だよ!」

とのことで、元気な姿で私のもとに戻ってきてくれました!!

小さな手の点滴の後が痛々しかったですが、車の中で日の光に眩しそうにしたしする姿が愛おしくて

やっとこの手に抱けた幸せは今でも覚えています!

向かいに行ってそのまま病院へとんぼ返り、短いドライブを終えて、一泊産まれた病院にお泊りです。

「明日迎えにくるからね」と約束して看護師さんにお願いしてきました!

4日ぶりの自宅!やっぱり安心しました!わが家が一番です!

荷物を片付けてハナのお迎えに!ハナが喜んでくれる顔も久しぶりに見た気がして愛おしかったです!

その日は苦しいくらいにパパと3人でくっついて寝ました!

明日から、我慢させちゃうこともあるだろうしな…と思いつつ、ハナとの高密な時間を過ごしました!

5日目

平日だったので、ハナを保育園に送り

AM10:00・オトのお迎えに行きました!

すやすや寝ているオト…

知らないになんだか少し大きく、しっかりした気がしました!

やっとこの手で毎日抱っこしてあげられる日が来て、すごくすごく幸せでした!!

1年前を振り返ると…

二人目という事もあり、一人目よりは余裕に思っていた出産でしたが。

予想外に自分が動けなくなったり、NICUに搬送されて離れ離れになったり…

バタバタした、寂しい入院生活になってしましました!

みんなは、生まれて直ぐにおっぱいを飲んだり、抱っこしてもらってるのに…何もしてあげられなくて悲しかった😭

原因不明のオトの熱…すぐに「問題なかった」と連絡がきたものの・・

たったの二日間でも、すごくすごく心配だったし生きた心地がしなくて

何度も何度も

「新生児 熱」「新生児 血糖値低い」「新生児 白血球が少ない」と調べては

悪い情報を見つけるたびに不安になっていました。

もし、産後同じような状況になった人がいたら、

わが子は全然大丈夫だったし、今も元気だよ!!だからきっと大丈夫!!

って、励ましてあげられる情報になれたらなと思い綴ってます!!

生後5か月で熱を出した時に行きつけの小児科で「こんなことがあったから心配で」っしたら「それを乗り越えたんだから、この子は強いですよ!大丈夫ですよ!おかあさん!」って励ましてもらってのが、今も支えです!

産まれてから、あっという間の1年間!

健康に育ってくれてありがとう!ハナもすっかりお姉ちゃんになりました!

これからもママとして大切に大切に育てていきます!!

読んでいただいてありがとうございました!

BLOG

Posted by misato