指しゃぶり

2020年6月5日

ハナがなかなか辞められない「指しゃぶり」

赤ちゃんって感じで可愛らしいけど、

歯並びのことなどを考えると、いつかはやめないと(><)…

しかし、赤ちゃんにとっての指しゃぶりにら意味があり、無理に辞めさせるのも考えものです。

私と同じように、子どもの指しゃぶりで悩んでいる方の役に立てばと思い

「指しゃぶり」についてまとめました!

指しゃぶりの意味

指しゃぶりは、実は、赤ちゃんが産まれる前からお腹の中でおっぱいやミルクを飲む練習としてしているんです✨

産まれてから、自分の《手》を見つけて吸えるようになると、それにより緊張や不安を解消できたり安心できるため

寝つきが良くなったり、落ち着いていてくれるのでママは助かることもありますよね😊

4.5ヶ月になると、手に持ったものを口に運び、形や感触を探るようになり✨

ハイハイやつかまり立ちなど、動けるようになってくると自然と指しゃぶりも減ってきます😌

1・2歳になりおもちゃで遊べるうになったり、お友達と遊んだりなど活発になって来ると、眠い時や暇な時だけになってきて

5歳くらいになるとほとんど見られなくなってきます😌

「指しゃぶりをする」ことで、安心できたり、不安な気持ちを解消したりと「指しゃぶり」には理由がある事は忘れないであげたいですね😌

《指しゃぶりのデメリット》

「指しゃぶり」をすることで、本人が落ち着けるのならば、させてあげたいような気持ちもありますし

いつかは辞められるであろう…と思う反面。

長期にわたって続けていることで、トラブルも気になりますよね(><)

歯並び

やっぱり1番気になるのが、歯への影響ですよね!

長期にわたり「指しゃぶり」をしていると、やはり多かれ少なかれ、歯並びへの影響は出てくるようです。

娘も2歳9ヶ月の時に、歯医者さんでフッ素を塗ってもらった際に、

前歯のアーチが狭くなっているので辞めるようにと言われました…

人差し指をチュッチュしているせいで、前歯がに少し影響が出てきているようです😣一見気づかなかったのですが、指摘されて気が付きました!

指しゃぶりを続けていることで、

上下の前歯の間に隙間ができて発音が悪くなる開咬(かいこう)になったり

噛み合わせが横にずれ、前歯が噛み合わない片側性交叉咬合(へんそくせいこうさこうごう)

になったりもするようです!

吸いだこ

指しゃぶりをしている指が、みずぶくれになったり、

固くなってひび割れたりと

とても痛々しい状態になってしまうこともあります(><)

しかし。薬を塗っても、絆創膏を貼っても、結局すぐ取れてしまったり落ちてしまいますよね💦

そして、吸いだこができようが、違う指を指しゃぶりしたり指しゃぶりもなかなか辞められませんよね😣

ひどいようならば、皮膚科を受信しましょう!

接触感染

当然のことながら、指しゃぶりをすることで、手に着いたウイルスを口から体に取り込んでしまうリスクも上がります😣

外出先での、不意な指しゃぶりは防げないですもんね(><)

娘は眠くなると無意識に吸ってしまうので、外遊びしたあとや外出した帰りの車などでも指しゃぶりしています💦

インフルエンザなどはやる時期には特に、手洗いなどをして気をつけるようにしています✨

《辞めさせる時期》

歯医者さんによって、意見が違ったり

調べてみると、「そんなに心配しなくて大丈夫!」という意見もあれば「止めさせたほうがいい」という意見もあり、迷ってしまいますよね😣

でも、子どもが安心できたり落ち着ける行為を、無理やり取り上げてしまうのは可愛そうだし、叱ったり脅したりすると余計に不安なさせてしまいますよね!😣私は賛成できません!

私も不安になり色々調べたことがあるのですが、

以前、乳歯の時期ならば、生え変わることで永久歯に影響をほとんど残さない、と言う記事を読んだことがあります!

確かにそうだな!と思い心が軽くなりました😌乳歯は生え変わりますもんね🤔✨

その子の指しゃぶりをしている時間や、吸う力なども関係しているようなので、個人差があり一概には言えませんが、

乳歯の時期である3~4歳で辞められればほとんど影響はないそうです😌

3歳くらいになればお話も解るようになってくるので、本人が辞めようと思えるようにしていくのが一番いいのかなと思います✨

5・6歳になり上記のような歯並びへの影響が永久歯に影響が出てしまうと、矯正などの治療をしなくてはならないようなのでそれまでには辞められるようにしたいですね!😣

《辞める作戦》

体験談を踏まえ、いくつか作戦を考えました😌

お子さんによって効果があったりなかったりすると思いますが(><)

その子にあった作戦が見つけられたらいいですね!✨

作戦❶絵本

この絵本で辞められた子もいるようで、わが子にも呼んでみた「ゆびたこ」の絵本!

吸いだこが大きくなり喋り出す絵本で、インパクトのある「ゆびたこ」の顔にびっくりします😌

娘もしばらく「ゆびたこ」におびえていました…

「ゆびたこ」の顔を指しゃぶりする指に書いた時には、もぉ辞めると言い「保育園でもしていないよ!」と気をつけていました😌✨

そしてもう1冊は、娘の保育園で先生が読んでくれたら、娘はのお友達が指しゃぶりを辞めたという「なっちゃうかもよ

「○○すると…○○になっちゃうかもよー!?」という絵本で、いろんなしつけシーンに役立ちそうな絵本です\(◡̈)/

娘は怖いと言いつつ、しばらく気になって見ていました!✨

絵を見てイメージしやすいので、子どももわかりやすくて、いいと思います🙂

作戦❷苦いクリーム

我が家も買ってみた「苦いクリーム」

じわじわくる苦さ…

塗った感じは、しっとりさらさらって感じで、匂いもなく気にならないのですが、

塗った指を舐めてみると、じわじわくる苦さでした😣

娘も思わず「ブー💦💦💦」と吹きだしていました!

今、使用中なのでハッキリとした効果は言えませんが

「塗る?」と聞くだけで、「嫌だからチュチュやめる!」と言っています\(◡̈)/

それくらい嫌みたいです😶✨

苦くて吸えなくなるから、歯並びの影響や年齢などの理由で早急に辞めさせたい!という方にはオススメかもしれないです!

わが家はまだ2歳なので、無理なく、本人の意思で辞められるようにしたいので、緩く使っています🙂

作戦❸ごほうび

トイレトレーニングなどと同じように、指しゃぶりしなかったら、ごほうびシールを貼る!など

指しゃぶりしなかったことを沢山褒めてあげるようにするのも一つの手ですね🙂

好きなキャラクターだったり、子どもがやる気になるようなものを選んであげてもいいですね✨

作戦❹気をそらす

指しゃぶりをしようとしたら…

手を使う遊びに誘う!お外にいく!など

気をそらせて、無理なく、指しゃぶりしない時間を増やしていくのもいいと思います🙂

暇な時や眠くなると、指しゃぶりしたくなると思うので

布団の中で手遊びをしてみたり、絵本を読んだりなど、寝る直前まで気をそらせてあげたり、寝る時は手を繋ぐなど、叱らない方法で、吸わない時間を増やしてあげたいですね🙂✨

作戦❺交渉

お話が上手になったら、「指しゃぶりするとこんなことが起こる」「指しゃぶりは良くない」など、本人がわかるようにお話したり

「かんばったら、○○しようね!」など交渉するのも手ですね😊

本人が「辞めよう」と思ってくれるのが一番いいと思うので

本人の気持ちに寄り添いつつ、交渉してみましょう🙂✨

《まとめ》

いろんな意見があり、歯医者さんによっても考えが違ったり…

その子により、歯への影響もそれぞれです!

まず、子どもが不安になるような原因がないかなど、生活の中で探してみて、不安やストレスなるような原因があるようならば、それに寄り添い、解消してあげれるようにしましょう😌

そして、叱ったり、無理やりではなく、

本人が自然に、自分で「辞めよう」と思えるよう、気長に付き合っていきましょう!✨

私も試行錯誤頑張ってみます😊

こども, 育児

Posted by misato