インフルエンザ

インフルエンザとは?

インフルエンザは急性の呼吸器感染症で、毎年世界中で流行します😣

流行の時期は11月下旬~3月頃まで。ピークは1・2月です(><)

インフルエンザの予防には予防接種が有効で、予防接種を受けることで、発症や重症化を軽減してくれます♪。.:*

予防接種を受けてから効果がで初めまでに約2週間ほどかかるので、早めの接種がいいと思います!💪

感染経路

感染経路としては2通りあります!

⭐感染経路は、感染している人の咳やくしゃみによってうつる飛沫感染(ひまつかんせん)

⭐ウイルスが付着した手で、口や鼻、目などに触れることで感染する接触感染です!



症状

インフルエンザは感染力が強く、発熱・頭痛・関節痛・嘔吐下痢など全身に症状が現れ、その症状は風邪と似ているものの重く

まれに悪化すると、肺炎や中耳炎、インフルエンザ脳症を引き起こします(><

潜伏期間は1~5日程度🌱

症状については通常3~7日間続きます😣


接種時期

生後6か月~13歳未満は 2回接種が必要で、1回目と2回目は4週間ほど開ける必要があります!

また、予防接種の効果が出始めるまでに時間がかかるので早めの接種がいいのではないかと思います😌


予防接種以外の対策

予防接種以外にも、普段から心がけることでインフルエンザを予防する方法がります🙂

子どもたちと一緒に取り組んでみましょう!

⭐手を清潔に!

手洗い石けんやアルコール手指消毒剤を正しく使用することで、手に付着したウイルスを洗い流すことができ、接触感染をふせぎます!

⭐口の中を清潔に

うがいをして、口の中を清潔にすることで、口からの感染を軽減できますね!

うがい薬を使うことで、殺菌作用もあるので効果的ですね😊

⭐マスクを着用

マスクを着用することで飛沫感染を予防したり、口からの感染を防ぐことができますね!

可愛い絵柄の入ったマスクもあるので、時に人混みやお出かけの際には着よするようにするといいですね⭐️

⭐お茶

緑茶に含まれるカテキンや、紅茶のテアフラビンなどの成分がインフルエンザウイルスの感染を防ぐと言われています!

そのため、外出後に飲んだり、

薄めたお茶でうがいをするのも良いそうです😊

身近なお茶で予防ができるのはいいですよね🙂✨

まとめ

インフルエンザは、ワンシーズンに3回かかる可能性があるようです💦

予防接種で100%予防出来るわけではありませんが、発症率をおさえたり、重症化を防ぐことが出来るので、小さい子には保険として受けさせてあげたいですよね!!

妊婦さんも受けられるので、お腹の赤ちゃんのためにも受けておくと安心です🙂

親子で手洗いうがいなど、生活の中に取り入れて、インフルエンザに負けないようにしましょう😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。