よく噛まない・早食い

2020年6月5日

よく噛まない・早食い

食べるのが大好きでよく食べてくれると、食事も作りがいがあって嬉しいですよね😊

でも、どんどん口に入れて、よく噛まずに飲み込んでしまうと体にも悪いですし、大人になってから直すのは大変なので、小さい頃から気をつけてみましょう✊

デメリット

食べ物をよく噛まないで水分で流し込んだり、丸呑みしたりしてしまうと、早食い・肥満の原因になりがちです😣

また、満腹感を感じるのは2・30分はかかると言われているので、その前に食べ終わってしまうと食べすぎてしまうこともあります😲

対応

3歳頃までに、月齢や年齢・その子の咀しゃく力に合った形状のものを与えるようにしないと、丸呑みしたり・べーっと口から出したり・食べ方に変なくせが着くこともあります💦

特に歯の生え揃い離乳食を卒業する1歳6ヶ月頃に、見ごたえのあるものを与えたくなりますが、無理は禁物です😣

まずは、どのように咀嚼しているか口とかほっぺの動きを観察して、すぐに動かなくなったり・口が開いていたりするのも、きちんと噛めていないのかもしれません😵

大人がオーバーに動きを見せながら「もぐもぐカミカミしょうねー」など声をかけてみたり😕🍴

調理の段階で細かく切ったり、柔らかくしたり、とろみをつけてのどごしを良くするなど色々と試してみましょう!👩🏼‍🍳

作戦❶食事に集中出来る環境

色んなことに気が散ってしまうと、口に入れたものを無意識に飲み込んでしまったり、よく噛まない原因になる為

テレビは消す・おもちゃは見えないようにしてみましょう☺︎

また、お片付けをする→手を洗う→椅子に座る→食事エプロンを付けるという流れを繰り返すことで、食事モードに気持ちを切り変えられるようにしてみましょう😊

作戦❷可愛い食器やアイテム

いつもと違う食器・可愛ピン・型を抜く・飾り切りなど、

ちょっとひと手間かけて、可愛くしてあげるだけで食事そのものを楽しんでくれると思うので

「○○があるね、かわいいね♡」など、ゆっくり味わえるように言葉がけしてみるといいと思います😊

人参ひとつでも、可愛い型で抜いてあったら、いつもより美味しく感じられて、「可愛い人参さんはどんな味かな?」と聞いたら、味わってみてくれるかも知れませんね✨

100均でも、可愛アイテムが沢山あるので見てみるのもいいかもしれませんね😊

作戦❸一口大にする

一口が大きかったり、どんどん口に入れたりしてしまう時には、

おかずも一口大に切ったり、一口大のおにぎりを作って、ひとつづつ食べるように言葉掛けしてみましょう🥄

大人も一緒に口を動かしてみたり、「もぐもぐ」と声をかけてみたりして、噛むことを意識できるようにしてあげるよいいかもしれませんね😌

娘も食べるのが早い方だったのですが、これをやってみたら、ひとつもぐもぐごっくんと食べると「あーーー」と得意気に口の中をよく見せてくれました☺︎

炊き込みご飯や、さつまいもご飯、葉物などの混ぜご飯など、おにぎりにも噛む食材を混ぜると、より噛むメニューになりますよ😊

作戦❹

忙しい大人にとって、ササッと食べてくれるととても助かる時もありますよね(><)

でも、急かすと良くないし、子どもは敏感に色んなことを感じとってしまうので

なるべく余裕を持って、寄り添ってあげましょう😌

噛むことはおいしい

3歳くらいになったら、「噛んで食べることが美味しい!」と感じられるよう、出汁を上手く使って薄味を基本に、噛んだ時に旨味を感じられるようにすると、食事が楽しくなり咀しゃく促進に繋がります💪

また、1食の中のどれかに、噛みごたえのあるものを加えると、様々な食品のかたさ・かみ具合も体験できて、その食べ物に応じた咀しゃくの仕方を身につけることが出来ますよ👍✨

#キャリカレアンバサダー