咀しゃくのメリット

2020年6月5日

咀しゃくとは、食べ物を噛んでつぶすことです🥄

咀しゃくにより消化が助けられ、効率的に栄養を摂ることができます⭐️

また、手掴み食べなど、自分の目で見て・手を使って口に運んで・噛んで食べるという行為は、脳の活性化にもつながります!

🌼よく噛んで食べると…

  • 噛む刺激で脳が活性化
  • 唾液が歯を守って虫歯を予防
  • 唾液の持つ殺菌力が細菌をガード
  • よく噛むことで唾液が消化吸収を促進
  • 将来的に肥満予防に

🌼逆に、噛んで食べないとこんなデメリットも…

  • 口の中が渇くことで、歯肉の炎症や虫歯リスクが高まるほか、のどの感染症にかかりやすくなる。
  • あごの発達に悪影響となり、歯並びが悪くなることもある
  • 咀しゃく筋が発達しないため発音やしゃべり方に影響を及ぼすこともある
  • 咀しゃく力が弱いと、足で踏ん張る力も弱くなり、瞬発力が低下することもある

「噛むとどんな味がするかな?」など楽しく噛める声掛けをするなど、噛んで食べられる声掛けをするようにしてみましょう😊

#キャリカレアンバサダー

食事

Posted by misato