嘔吐・下痢の原因

2020年6月5日

嘔吐の原因は色々考えられます☝️🏻

ウイルスや細菌などの感染症による胃腸炎などの消化器の病気だけではなく

車酔いや、はしゃぎすぎ

脳や髄膜炎などの中枢神経系の疾患でも嘔吐することがあります。

下痢の原因もお腹を冷やしたり食べすぎたり、飲みすぎたり…色々考えられられますね!

ただ嘔吐と下痢が一緒に起こる時の多くは胃腸炎が原因です😈

下痢・嘔吐したときは?

嘔吐した場合は、

においなどで再び吐き気を誘発しないよう汚れた衣服はすぐに着替えましょう!

また、換気をよくしてください🍃🌀

嘔吐した場所は除菌のスプレーやウェットシートなどで拭くなど清潔にしましょう!✧︎*

雑巾や、捨ててもいいようなタオルなどをストックしておくと、洗わずに、嘔吐物を拭いてまとめて捨てられるので、二次感染なども防げるし、おすすめです!

寝かせる際には、目の届くところで横向きに寝かせ、再び嘔吐した際に吐いたものが気道に詰まらないようにしましょう✋

下痢をした場合には

おしりがかぶれないように、シャワーで洗い流すなど清潔にしましょう

パンツになりたての子もオムツにしておくと親も本人も安心ですね!

嘔吐物や下痢便などは写真を撮っておくと医師が判断しやすくなります

嘔吐した場合、すぐに飲食するとそれが刺激になり、再び嘔吐してしまうことがあるので、30分程度様子を見てから少しづつ水分補給しましょう

ケアする人も、手を洗ったり消毒するなどしたり、換気をして二次感染を防ぐようにしましょう

職場の方に、嘔吐下痢で汚れたものを手洗いする時は、お湯だと蒸気でウイルスなどが舞い上がってくるみたいなので、水がオススメです!

嘔吐物や下痢の時はもちろん、小さい子は色々こぼしたり、おもらししたり…なんだかんだ、雑巾があると便利ですよ(๑’ᴗ’๑)

受信の目安

嘔吐・下痢のあと、ぐったりしていたり、繰り返し嘔吐してしまう場合や、意識がなかったり、熱がある場合は緊急性が高いと考えられるので、すぐ受診しましょう!

嘔吐・下痢をしても、すぐに体調がもどる場合もありますが、念ため受診しておくと安心です

食事

嘔吐・下痢が落ち着いたら、少しづつ水分補給をしましょう

子どもは脱水症状になりやすいので、様子を見てこまめに水分補給を行うようにしましょう

適度な塩分と糖分を摂取できる、経口補水液やスープの上澄みなどは栄養補給も一緒に出来ます

脂肪分の多いものや、牛乳・乳製品、食物繊維の多いものは消化に悪いので避けるようにし、乳幼児用のイオン水も糖分が多いので摂り過ぎないようにしましょう\(◡̈)/

嘔吐の場合は、酸味のあるものは吐き気を誘発するので避けましょう

症状が落ち着いてきたら、消化のよいお粥などを一度に与えず、少しづつ様子を見ながら数回に分けて食べさせるようにしましょう

下痢には比較的、りんごがいいと言われています